こんにちは、アール・ネットの清川です♪

最近の悩みはブログの書き出しが「寒いですね」ばかりでマンネリ化していることです。

文章力やボキャブラリーを増やしたいものです。。

久しぶりに本屋さんにでも行ってみようと思います。

花 ラインさて、工場屋根塗装が進行した為掲載していこうと思います。

今回施工させて頂いている工場様の屋根材は波型スレートというものです。

主原料のセメントを繊維などを混ぜ補強し、波型に加圧成型しています。

スレート屋根と言えば、戸建の住宅に一番使われていると言っても過言ではない程

街中を歩いていると多く見かける屋根であります♪(地域によります)

高倉邸・完了

 

 

今回の波型スレート塗装ですが、大きく分けて4つの工程にわかれています。

・高圧洗浄

・下地処理

・下塗り

・上塗り です。

下地処理(フックボルト)

波型スレート屋根には、屋根材を留めているフックボルトという金具がついています。

文字通りフックのような形状の、J字のようなものですが

それの頭がこのように屋根表面に突き出しています↓

CIMG3521経年劣化により錆びている様子です。

まずは緩んでいる箇所があるため、締め直します

松本班2

ワイヤーブラシでケレンした後

CIMG3520

ケレンをしても錆が除去しきれない場合に錆を固める錆び処理剤を塗布。

CIMG3526その後、金属用下塗り材を塗布

CIMG3532

漏水を防ぐ防水補強材をしっかり塗布し、フックボルトを覆います。

松本班13

フックボルトの下処理完了です。これを約14400本分行いました。

下地処理・下塗り(スレート)

屋根材にはいくつもの割れや欠損が生じていました。

このような箇所から室内への漏水があったようです。

CIMG0020

そのため

松本班1通常の防カビ処理・下塗りの後、防水補強を行います。

折板屋根・波型スレート等の継ぎ目に使用するテープを貼り

松本班9

専用のテープ用塗料を上から塗布します。

松本班11

CIMG0193

CIMG0194下塗り・下地処理の済んだ屋根の様子です。

これでやっと、上塗り工程に進める段階に・・。

風の強い日が連日続いていた中の高所作業、本当にありがとうございます。

今回の記事は、画像の数が多くなってしまった為

ここまでとさせて頂きたいと思います。

花 ライン次回の記事では、上塗りの様子をご紹介していきたいと思います。

少しでもこのようなブログをきっかけに、弊社に興味を持って頂けたら・・

そんな思いで更新していきたいと思いますので、

続きもよろしければご覧ください(*´ω`)

では、このあたりで失礼いたします。

 

 

 

▼▼ 屋根・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り依頼はこちら ▼▼

=================================

【プロタイムズ茨城南店(株式会社アール・ネット)】

〒302-0107 茨城県守谷市久保ヶ丘2-3-11

【TEL】0120-051-057

【FAX】0297-44-6146

【E-mail】info@protimes-ibarakiminami.jp

【HP】http://www.protimes-ibarakiminami.jp/(プロタイムズ)

【HP】http://r-net-e.jp/(アール・ネット)

=================================