こんにちは、アール・ネットスタッフの清川です♪

今日は久しぶりに、暑いです…!

近頃涼しい(肌寒い?)日が続ていたので体がついていけてない!という方も多いかと思います。

私もそのうちの一人です。

さて、事務所の塗装塗り替え工事に動きがありました!

今日は外壁の下塗り作業です。

塗装工事ってずいぶんと工程が多いけどそんなに必要なの…?と思ったあなたに。

是非ともこの記事を読んでいただきたいと思います(*^^*)

外壁下塗り作業

下塗り

細かい箇所は刷毛で丁寧に塗っていきます!

塗り終わったら…

ローラー下塗り

広い面はローラーで均一に。

今回の作業で塗っている下塗り液はこちらの塗料です。↓

エポパワーシーラー

 

 

 

エポパワーシーラー

画像引用元:アステックペイントジャパン

 

 

 

シーラーとは、上塗り材との密着効果を高める塗料のことです。

また、上塗り材が下地に吸い込まれるのを防ぐという、非常に大事な役割を担うものでもあります。

上塗り材が下地に吸い込まれるということは、何度も何度も重ね塗りをしなくてはなりません。

そのため、必要な塗料もそれだけ増え、時間もお金もかかるということに繋がります。。

また、塗膜を形成する樹脂が染み込んでいくため、表面に顔料だけが残る状態に。

つまり、色むらが発生してしまうのです!

しかも、必要な厚みに達していないと塗膜の寿命にも関わります。

ローラーアップ

そのようなことを未然に防ぐための大事な塗料なのです!!

塗料の吸い込みは下地の劣化状況とも密接な関係があります。

長い目で見ると劣化が進む前に、できるだけ早くメンテナンスした方が結果お得になるのです♪

まだいいかな…と思っている方も一度、プロの目での診断を依頼されてみてはいかかがでしょうか!

違う面のローラー下塗り

さらに高いところも塗り進めていきます。

そして・・・。

下塗り完了

全面の下塗りが終わりました!ツヤが出ましたねー!

これが上塗り材のシールの役割を果たすのですね。

この先どんな色に塗られるのか楽しみです!!

終わりに

外壁に限らず塗装は下塗り作業がとても大切だということがわかりましたね♪

塗り替えをお考えの方には、ぜひとも下塗り・下塗り前の下処理をきちんとやってくれる業者を選んでいただきたいです!

通常業務の合間に作業していきますので完工日はまだ未定ですが、スタッフ一同、一日も早くお披露目できるよう頑張っていきます♪

現場に動きがあり次第、随時更新していきますのでよろしくお願いいたします!